2009年6月24日 (水曜日)

ドラゴンクエスト9 ゲームショップ1983予約特典付

ゲームショップ1983でのドラゴンクエスト9(携帯)の発売日お渡し分にまだ若干の余裕がございます。
当店でご予約いただきますと、予約特典は 中国版ファミコン用ドラゴンクエスト8の貸し出し権です。
そのソフトは、当店に1本しかないどころか、日本で他に売っているところをみたことがありません。
ご予約いただいた順番に 中国版ファミコン用ドラゴンクエスト8を貸し出しいたしていますので、ファミコンで遊んでいただいて、お店まで返していただいて 次のご予約者にお貸しするという回覧板手法です。
関連として 中国版ドラゴンクエストシリーズ をご覧下さい。

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火曜日)

中国版ファミコン用ソフト通販開始

20070424_china
こちらで紹介している中国版のファミコン版の勇者斗悪龍の他、中国版ファイアーエムブレム、中国版キャプテン翼、中国版ファイナルファンタジーなど現品限りですが、通販を行っております。日本のファミコン、FC互換機で動作します。興味があるかたは i@1983.jp までお問い合わせ下さい。一覧を送信いたします。

2007/04/24 早速2本ご注文を頂きました。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2006年2月18日 (土曜日)

ゲームラボで紹介されました。

0217-gl1以前にも「ゲームショップ1983」のことを紹介していただいたことはあるんですが、今度は 当ブログの「中国版ファミコン用ドラゴンクエスト8」のネタを誌面で紹介頂きました。

0217-gl2スポーツ新聞みたいなノリででかでかとのっちゃってちょっとびっくりです。

→ 中国ではドラクエ8はファミコンで発売された。
→ 中国版ドラクエ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 7日 (月曜日)

中国版ドラクエにさらに新事実発見 

中国のファミコン向けに中国のメーカーが版権を得た上で翻訳・改造されて正規に販売されたという「中国のドラクエ」のネタシリーズに続報です。



0207b
こちら、「ドラクエ4」の中国版にあたる「勇者斗悪龍Ⅶ」です。
4なのに7とややこしいことになっていたり、3に登場の武闘家がパッケージに描かれていたりと、つっこみどころがゲームを始める前に満載なわけですが、そんなドラクエ4に新事実です。

0207cこちらが中国版のドラクエ4の説明書とファミコン用ROMカートリッジです。もちろん日本のファミコンで正常に動作します。

0207d
最近、中国版のドラクエ4がもう1個入荷しました。パッケージはさきほどと同じようです。

0207eROMカートリッジも同じようです。

0207fツッコミどころ発見!!
お、同じソフトなのに 説明書が違います!
一瞬別のゲームの説明書がまぎれこんだのかと思いましたが、ちゃんと「勇者斗悪龍Ⅶ」のマニュアルです。
 説明書の中身もあいかわらずネタバレしまくで、第5章での話がしっかり書かれているっぽい。


0207g しかもこの絵、ドラクエとまるで関係ないじゃないですかー。
 ゲーム自体はちゃんと版権とったとはいえ、パッケージや説明書は何かのパクリという、中国版ドラゴンボールと同じパターンでしょうか。
 なんでもありの奥深き中国!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年2月 6日 (日曜日)

当店でのガイドライン

 中国製のファミコン版ドラゴンクエストなどを当ブログでネタにしているからだとは思うのですが、違法性のあるゲームソフト(in1の類やパチ物ソフト)、GBA用マジコンの類は売っていませんかと問い合わせはたまにくるんです。当店ではそういった問題のある商品の販売は一切行っていません。その辺りの期待はなさらぬようお願いします。
 このお店ブログで紹介している中国版ファミコン用ドラクエも、基本的に版権をとってあると記載されていて中国で「正規」に発売された品に限定しています、一応。
 ホントにちゃんと中国で「正規」に発売されたものなのかよ、とつっこみを入れたくなるものが次々出てきますが。
 ちなみに、このお店ブログで紹介している中国の妙な品物も、基本的にお店の商品紹介といったスタンスで掲載しているわけではないので、お店で売っていたりはしないんです。妙なもんあるなぁとゲームマニアのかたに楽しんでもらえばいいんです。
 ・・・だから、お店ブログの賑わいとお店にいらっしゃるお客さんの人数が連動してないんだと思いますけどね(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月13日 (木曜日)

オッス、オラ悟空!!  中国のドラゴンボールはこんなです。

中国版のドラゴンクエスト8に続いてこんなものが手に入りました。0113-dbza
中国でファミコン用に発売された中文版”ドラゴンボールZ”のパッケージなんですが・・・、
 この女、誰?
 ブルマでもチチでもランチさんでもありません。
 誰なんですか、

 パッケージには「七龍珠 DRAGON BALL」と記載されています。
 中国版のドラゴンボールに間違いないみたいですが、こんな人知りません。
 ド、ドラゴンボール、中国ではこんなかよ。

0113-dbzbパッケージをあけるとおなじみの黄色いファミコン用のROMカートリッジと説明書。

0113-dbzc日本のファミコンで起動させてみると、中国版オリジナルのタイトル画面が表示されます。

0113-dbzdベジータ登場。ゲーム内容は日本のファミコン版のドラゴンボールZ3、強襲サイヤ人のようです。
 しかし、コピーライト表現がありません。箱にはちゃんと「版権所有」と書かれている中国での正規品のようではあるんですが。

 0113-dbzeゲーム内は全て中文で表示されているわけなんですが、
ピッコロが短笛となっていたりで、言いたいことはわかるがつっこまずにはいられないポイント続出です。

 で、あのパッケージの女の子は一体誰?

 悟空でないことだけを祈ります。
あれが悟空だったら、確実にチチに怒られると思います。

続く。

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2005年1月 3日 (月曜日)

中国ではドラクエ8はファミコンで発売された。

dq8a大変です、大変です。
日本ではPS2で発売されたばかりのドラゴンクエスト8ですが、中国ではすでに「ファミコン用」として何年も前に発売されてやがりました。
 現物の入手に成功です。これが勇者斗悪龍シリーズの8、中国のファミコン用ドラゴンクエスト8のパッケージです。
 全くもってドラクエらしくないばかりか、なんかどっか別のところで見たような気がするイラストですが、ちゃんとドラゴンクエストおなじみのロゴマークも入っています。
dq8k中に入っているROMまさにファミコン用です。歴代の中国版ドラゴンクエストシリーズと同じ黄色で統一された安っぽい感じもするROMカートリッジ。
 日本のファミコン本体に差し込んでみます。
dq8j起動画面。中国版の開発・発売元のメーカーのロゴです。勇者斗悪龍シリーズではおなじみの画面です。
dq8iお待たせしました。
これが正真正銘、中国版 「ファミコン用ドラゴンクエスト8」のタイトル画面です。
 さんぜんと輝くドラゴンクエストのロゴとその下のポップな雰囲気の文字が合ってないとかそういうところを気にしていては、これから長い冒険の旅、体が持ちません。
dq8hゲームがはじまると全体マップが表示されます。ある意味画期的なドラゴンクエストです。日本より一足進んでいるのか?
 そして左下に見えるのはもしかして倒すべきラスボスの居場所? ドラクエ1の伝統を継承しているのでしょうか?
 いや、最初の街の名前が天神の村、も、もしかして日本のドラクエの4~6の天空シリーズ?
dq8gとりあえず天神の村の中に入ってみました。日本のファミコンやスーパーファミコンのドラクエよりキャラクターがでかいです。なんとなく町にも大陸的な雰囲気を感じないでもないですが、肝心のドラクエとしての大切な何かがきれいさっぱり無くなっているような気がしてなりません。

dq8f
ステータス画面もちょっと大変なことに。キャラクターが大きく表示されパッと見豪華なんですが、そもそもあんた誰。
なんか、この人に似た雰囲気の人を武蔵伝で見たような気がしますが、中国の人口は日本の10倍以上なわけで他人のそら似の人数も飛躍的にアップなのかもしれません。

dq8eフィールド上には人は居ないようで、町の人々は基本的に家の中です。家の中での会話シーンはこんな感じ。

dq8dなぜか家の中には山羊が居ます。
ちなみにタンスはあされません。というかタンスが無いんです。
ドラクエ=タンスというのは日本固有の文化なのでしょうか!

dq8c目的も理由も何もわからないまま、とりあえず戦闘シーンみたさに別のステージにいってみます。迷路のような港に到着です。

dq8bそしていよいよ戦闘シーン突入です。
中国版ドラゴンクエスト8の戦闘シーンにはなんと主人公まで表示されちゃって、しかも攻撃時には武器を使うアニメーションまでしてしまったりします。ファミコン用なのに結構頑張っちゃった感じの作りです。
 ただちょっと気になることがあります。戦闘シーンのBGMがフィールドと同じなんです。新しく作る心の余裕が無かったんじゃないでしょうか。

ゴールデンアックスの主人公をローレシア王子として登場させちゃったりマニュアルで豪快にネタバレしちゃっているのなんか、ほんのささいなことにしか思えなくなってきました。
 勇者斗悪龍8、もうドラクエの範疇にすらおさまらなくなってしまっています。やっぱ中国最強です。

で、これ、パッケージなどもちゃんと揃った新品の状態でゲットしたものですが、何か別のファミコンゲームのキャラハック物というオチはついたりしません・・・よねぇ。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (30)

2004年12月23日 (木曜日)

1983、中国にちょっとだけビビる

今は落ち着いているんですが、ちょっと前にやたらアクセスが増えている時期がありました。
どーもよくよく見てみると、中国の掲示板でこちらの中国版ドラゴンクエストやタイ製のノートファミコンが話題になっていたようです。
 いや、別に悪い反響じゃなかったのですが、正直ちょっとびびりました。あ、最近更新が滞っていたのはその影響ではないですよ。
 すげーよ中国、ってのをそのまんまの意味で受け取ってもらえてると助かるんだが。

 中国やタイの謎の製品、まだまだネタはありますのでお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 4日 (土曜日)

中国版ドラクエ2、さらに新バージョン発見 第6報

中国版ドラゴンクエストシリーズ 第6報 1報から5報まではこちら

1204-dq2a.jpgパンツ一丁のローレシア王子の姿が話題となった中国のファミコン用のドラゴンクエスト2。ちゃんと版権を取得した上で中国向けにローカライズされたものだそうなんですが、パッケージにもなっているローレシアの王子にゴールデンアックスへの出演疑惑が浮上するなど、色々ありましたがさらに新事実が発見されました。

1204-dq2d.jpgもう1本、中国版のドラクエ2が発見されました。
こちら、ドラゴンクエスト2の中国版「勇者斗悪龍V」のパッケージです。
またしても謎の光景です。もう2なのに「V」と表記されていることなんかささいなことにしか思えません。
龍と戦うオッサンを思い浮かべる天使の少年。
ってドラクエ2にも、ましてや5にもそんな光景ありませんが、これ「も」まぎれもなく中国版のドラゴンクエスト2なんです。

1204-dq2e.jpgメガドライブテイストのパッケージをあけると パッケージと同じ絵のカートリッジとマニュアルが出てきました。

1204-dq2f.jpg上が今回みつかった「勇者斗悪龍5」こと、ドラクエ2.
下が前に紹介した「勇者斗悪龍2」こと、ドラクエ2。
どっちも同じドラクエ2ですが、パッケージは全く別物です。

さて、いよいよファミコンでの起動画面です。
 その前に、最初に発見された 中国版ドラゴンクエスト2こと、ローレシア王子の大冒険(逆!)を 日本のファミコンで起動させてみます。
1204-dq2b.jpg日本版と全く違うタイトル画面が表示されます。

1204-dq2c.jpgファミコンのわりに凝った中国オリジナルのタイトル画面とは裏腹に「2」の部分だけすごくテキトーです。

そして、勇者斗悪龍5をファミコンで起動させてみると、
1204-dq2g.jpg同じ画面???

1204-dq2h.jpgいや、よくみると申し訳程度に「2」だった部分が「5」と描きかえられていいます。こころなしか数字のフォントもバージョンアップです。

1204-dq2i.jpgこちらが「勇者斗悪龍2」でのゴールデンアックスに出演経験のあるローレシア王子初登場シーン。文字こそ中文ですが、日本のファミコン版でもおなじみのシーンです。

1204-dq2j.jpgこっちが「勇者斗悪龍5」でのローレシア王子初登場のシーンです。
って、同じじゃん。違うのはパッケージとタイトル画面の数字の部分だけじゃん。

ちなみに、中国版ドラゴンクエストでの名前入力のシーンでは、
1204-dq2k.jpg名前に数字しか使えません。

ローレシア王子の本名 1238とか、そんなだぜ。王子なのに番号で呼ばれるのかよ。

第7報に続きます。まだまだつっこみどころ満載でした。
第1報  ドラゴンクエストを集めまくってみました。
第2報 2のパッケージに注目
第3報 ローレシア王子に疑惑発覚
第4報 ちょっと待て中国、マニュアル入れ間違い。
第5報 ノンストップ中国。
第6報 中国版ドラクエ2、さらに新バージョン発見
最新

ゲームショップ1983」で中国版のドラゴンクエストのパッケージなどの展示は行っていますが、殆どが1本しか在庫がないので販売は行っておりません。海賊版等ではないので複数本あるソフトについてはお店に出品するかもしれませんが期待はしないで下さい。この手のものは売り上げよりも、多くのマニアのかたに楽しんでもらえればってことで展示してるものなんです・・・って、そんな売り上げにつながらないことばかりやってるからいつまでも零細のままなのかもしれませんが(汗

 ちなみに中国版のドラゴンクエスト以外にも日本での有名タイトルのソフトの中国版を入手しました。こちらも順次紹介していきますんでお楽しみに。

日本の有名ゲームの中国版「銀河時代」というソフトのクイズ&読者プレゼントやっています。詳しくはこちらをどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004年11月28日 (日曜日)

あれは当店とは関係無いです。

中国版ドラゴンクエストのネタが雑誌にのったわけなんですが、ここ北海道では本は2日遅れぐらいに入ってきますのでまだ実物はお店に届いていなかったりします。
 雑誌を見たと思われるかたから「ボディコンクエスト」ありますか?という電話がかかってきて、ちょっと戸惑ってしまったのですが、どうも中国版のドラクエのページにボディコンクエストもちらっと紹介されているようで、それも当店の商品からの紹介記事だと誤解されてしまったようです。
 あれは当店とは関係無いですー。
 いや、以前は在庫ありましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

1983 海外 | 1983_週刊 | 1983 セブン | 1983アフィリエイト | 1983ゲーム合宿 | 1983ゲーム図書館 | 1983ゲーム遺産 | 1983ダメゲー列伝 | 1983ナイトミニ | 1983中の人 | 1983古新聞 | 1983殿堂入り | 1983秋葉原出稼ぎイベント | 1983科学研究所 | 1983総選挙 | 1983近況 | 1坪任天堂 | 1年前のお店ブログ | 1日1枚 店内の様子 | 2バンガイ応援フェア | AKベスト48 | CD/DVD/BD ゲームミュージック他 | GAMENEWS1983 | gumroad | LAST HOPE | MSX | PS2に本気キャンペーン | PSone PS1 | STGダケジャナイロボ | XBOX360 | ありえないゲームショップ | ありとあらゆるシリーズ | ありとあらゆるトレジャーのソフト | いまひ | お店Blog お店ブログ普及委員会 | お店Twitter | かかりつけゲーム専門店 | かっこわるいゲーマー | ここが変だよ | これが1983スタイル | これオススメ | こんなもの見つけました | しごと大介先生のしごとぶりが別次元大介な件について | ぬるゲーマー | まったり札幌ゲームショー | アンダーディフィート | アーケードゲームフリー開放 | イチ押しワークジャム | エイプリルフール | カラス | クイズ&読者プレゼント | ケータイゲーム1983 | ゲームの居酒屋 | ゲームカタログ1983 | ゲームショップ1983の秘密 | ゲームショップ1983オリジナルソフト | ゲームショップ1983ゲーム化決定 | ゲームショップ1983限定商品計画 | ゲームショップの現場から | ゲームニュース雑感 | ゲーム専門店 | コラム1983 | シューティングラブ。 | シリアルコードをメールで送信 | スマホで1983 | セガの間 | ツッコミどころの多いゲーム店 | トライジール | トリガーハート エグゼリカ | ドラゴンクエスト8関連 | バルトロン | パソコンソフト | フリードリンク | ベスト版・廉価版関連 | マジコン 札幌 破壊 処分 | マリオが何か間違っている | ユーストゲームズ1983 | ラジオ番組 | ラジルギ | ランキング1983 | ルイージの中の人 | レトロゲーム関連 | レンタルについて | 世界樹の迷宮+1983 | 中古フェア | 中国版ドラゴンクエストシリーズ | 予約受付 | 予約案内 | 事件簿1983&地元情報 | 他のお店紹介!! | 仮想上海万博ゲーム館 | 修理サービス | 全部うそのゲーム史 | 名所案内1983 | 地元関連情報 | 壱九ハチサ | 変なファミコンシリーズ | 奇ゲーの中の良ゲー | 常連さんのこれ推薦 | 店内探検 | 廉価版/ベスト版 | 新作情報 | 旋光の輪舞Rev.X | 朝までゲームショップ1983ナイト | 燃えプロタワー | 特集 | 良いゲー捜索 | | 通販しています | 連載:中国版ファミコン用ドラクエ8を攻略 | 遊べるゲームショップ1983 | 部活動 | 閉店問題 | 隠れヒット作 | 電気用品安全法関連 | 1983セレクショらない | 1983セレクション