« 世界樹の迷宮Ⅲ特典サントラと発言権付 | トップページ | ナイスタイミングでのベスト化 »

2010年3月29日 (月曜日)

未来のゲーム好き養成に失敗した失敗した失敗した

和む鋳薔薇の話をみてほしい
0329_ibara1 ゲームショップ1983ではフリー開放アーケード筐体を1台用意してアーケードゲームを提供しています。これまでは毎月基板を入れ替えていたのですが昨年末から設置していたケイブのシューティングゲーム鋳薔薇が今年の冬になって子供たちに人気となり、連日小学校低学年の子供たちがわいわいいいながらゲームで遊んでいるという楽しい光景が続いていました。
 それがtwitterでも「鋳薔薇小学生」と話題となり、鋳薔薇小学生でも遊べるその他のゲームの案がtwitterを通じて寄せられたり、テレビが壊れた際は テレビの寄付なども頂いたりしました。
 最初は行儀が悪かった子たちも、挨拶もするようになり、友達同士で鋳薔薇の遊び方を教えあうといった光景が広がっていきました。
0329_ibara2 本来だったら他の基盤に入れ替わるはずだった鋳薔薇も稼動延長につぐ稼動延長ですっかりゲームショップ1983の定番光景として広がっている・・・はずだったのですが、非常に残念な顛末となってしまいました。いつも鋳薔薇を遊びにきていた子供が2Fの1983ゲーム図書館で万引き。
 ゲームショップ1983は 20代~40代のゆとらない大人ゲーマーをターゲットとしたお店ですが、ゲーム文化に触れてほしいということで、子供たちでも楽しめるようなゲームを解放したり、2Fのゲーム図書館ではゲーム関連の漫画も含めて自由に読めるようになっています。
 非常に残念で、くやしくて、事実を知った時は呆然として涙してしまいました。やりきれないです。
0329_ibara3 鋳薔薇は撤去しました。
 万引きしたのは子供たちの集団の中の一人だけのようですが、やってはいけないことをしたんだとわかってほしいし、近所の子供のようなのでもしお店にまた来ることがあったのなら わかってもらう努力をしますが、ひとまずこれにて「鋳薔薇小学生」は終了です。
 ゲームショップ1983は 元洞窟居酒屋店舗を利用したゲームショップですので、それこそ20才以上限定のお店にしたとしても売り上げは変わらないと思います。
 ただ、やはり、ゲームショップ1983の中の人いまひの子供時代の体験から、地域に 子供が安心して色々なゲーム文化にふれることができる居場所を作りたいという理念が、「大人限定ゲームショップ化」と心の中でせめぎあっています。
 ゲームショップ1983というお店の方針自体を変えかねない大きな事件だったのです。
0329_ibara4 2Fの1983ゲーム図書館は方針変更で 「ブログを見ている人限定」で入室ができる部屋としました。ブログを見ていない人の立ち入りは不可としました。
 残念で悔しいけれど、軌道修正です。
 フリードリンクも、当初は自由に提供していたけれど、地元の悪ガキ(鋳薔薇小学生とは違うグループ)や悪質高校生の集団対策として ブログを見ている人限定のサービスとなってしまいました。
 こうやって色々と制限がついてしまうのは 悲しいことだと思います。
アーケードゲームフリー開放

|

« 世界樹の迷宮Ⅲ特典サントラと発言権付 | トップページ | ナイスタイミングでのベスト化 »