« GameNews 2010/02/11(木 | トップページ | GameNews 2010/02/12(金 »

2010年2月11日 (木曜日)

郷愁と未来のゲーム好き養成

0211_ibara ゲームショップ1983のフリー開放アーケード筐体に設置中の鋳薔薇を遊びに連日小学校低学年の子らかやってくることが話題となっています
 そんなこんなで 1983のtwitterで「急募 子供にも安心して遊ばせられる家庭用STGって何がいいと思う? 未来のシューター養成的な意味で」と書き込んでみたところ色々な声が寄せられました。
 それを参考に、試験的にではありますが店内のフリー開放ゲームを変更したりしてみました。
 届いた意見とお店の在庫を考慮した結果
ファミコン+燃えろツインビーROM版 (ジョイカードは売れてしまったので3人プレイはできませんが)。
サターン+ファンタジーゾーン+3ボタンのアーケードスティック (わかりやすさ重視で6ボタンのスティックではなく3ボタンのものにしました)
XBOX+カプコンタイトルが20種類以上収録されたカプコンクラシックス
PS2+ポップンミュージック7+ポップンアーケードスタイルコントローラーというのは変わりありません。
 あと、オブジェにはいいけれど、遊びにくいということで スーパーファミコンタワーなどは展示専用にしました。
 子供ユーザーには新鮮で、大人ゲーマーにはなつかしいラインナップかと思うのですが、いかがでしょう。
ゲームの居酒屋 この記事につぶやく

|

« GameNews 2010/02/11(木 | トップページ | GameNews 2010/02/12(金 »