« 絶賛したけど1本も売れなかったソフト | トップページ | シュタインズ・ゲート異例 »

2009年11月24日 (火曜日)

ナック シリーズ

1124_zanac1ファミコンシューティングゲームの古典的な名作として ザナック(携帯)はぜひ今のシューティングに慣れた人には遊んでほしい名作です。
 ファミコンディスクシステムでの発売でしたので、ディスクシステムの磁性体の寿命がとっくに過ぎている2009年においてなかなか遊ぶ機械と機会に恵まれないソフトですので、NES版(アメリカのファミコン版)ZANACをゲームショップ1983ではフリー開放しています。
1124_zanac2 ブログ見ている人向けの隠しメニューとして、ファミコン末期のシューティングゲームの名作の1つ、ガンナックを用意しています。ファミコンとMSXで発売されていたザナックと、PCエンジンで発売されていたガンヘッド(携帯)の良いとこどりのソフトで、ファミコン末期だけあってハードの限界に迫る処理が見所です。ザナックはポニーキャニオン発売、ガンヘッドはハドソン発売でしかも映画のゲーム版(映画とゲーム内容関係ないけどね)でしたので権利的な問題もあったのかもしれません。
1124_gunnac1 普通の設定ではクリアするのは比較的容易いのですが、難易度最強レベルにした上で、打ち返し弾有りの設定で遊べば、現在のシューティングゲーマー向けにも非常に熱いゲーム設定となります。長時間お店のゲーム機を占領してもよいのでどうぞやりこんでみてください。
1124_gunnac2 現在のシューティングゲームは業務用アーケードでの稼動を前提としている作りですが、コンパイルシューティングの特徴として家庭用に特化したゲーム内容であることがあげられます。アーケードゲームのようにインカムを気にしないでいいので、1プレイが比較的長く設定されるゲームバランスです。最近のシューティングにはついていけないという方にも遊んでいただきたいですね。
ゲームの居酒屋

|

« 絶賛したけど1本も売れなかったソフト | トップページ | シュタインズ・ゲート異例 »