« 激引越1983、録画中継 | トップページ | 告知の予告のそのまた予告 »

2007年9月 9日 (日曜日)

いつまで引越は続くのだろう

 防犯上の問題があるので店頭には箱だけを並べて、中身や新品はバックヤードにて保管するわけなんですが、そのバックヤードが通常の居酒屋でいう所の厨房、というか台所です。
 ありえない場所にゲームショップ作ろうとしてんだよな・・・と、しみじみ物思いにふける毎日です。
 こんばんは、ゲームショップ1983の中の人です。
 深夜まで引越作業してから食事してメール書いて、某計画の作戦練っていたら朝5時です。
 起きたらまた引越作業です。毎日がお引っ越し。

 で、台所の件なんですが、以外と台所って収納スペースがあるわけですよ。鍋とか置く場所に食器棚。
 鍋とか置く場所にソフトの在庫置いて、食器棚にレトロゲーム収納してと、俺って収納名人?って気がします。
 ところが、8000本入りきらないっぽいという観測がちらほら出てきています。
 試しに食器棚にスーパーファミコンのソフトを入れてみました。
 奥の方のソフトとりだせねぇ・・・。

 普通の居酒屋で言う所の食材置き場に巨大なCDストッカーを設置したんですが、そもそもが「洞窟居酒屋」の内装なんで、その洞窟の部分がCDストッカーの行く手を邪魔するんですよ。
 そもそも、そのCDストッカー、旧1983店舗から出す時も普通にやっては出すことができませんでした。高台式になって、足の部分が溶接されているんですが、あの、旧店舗の前の店「ザ☆北38条店」のさらに前の某今は破産してしまったフランチャイズチェーンさんっっ、もしかしてこのCDストッカー、店内で溶接した?
 まぁ、その出すのに難儀しているCDストッカーが、引越やさんの活躍で洞窟をくぐり抜け厨房に到達した時には感動した。この感動を分けてあげたい。

 CDストッカーの中身は幸いなことに棚ごと運ぶことができましたので、店頭に並べているソフトにこっそりついている番号と、CDストッカー内の管理番号がそのまま扱えるのでいいんですが、場所をとるカートリッジタイプのレトロゲームに関しては難儀しそうですねぇ。
 ”レトロゲーム好きに悪い人は居ない!”ってことで、中身が入った状態で陳列という手もあるとは思うのですが、99人のレトロゲーム好きがナイスレゲニストであっても、1人でもならず者部隊ブラッディウルフが居たら「防犯上問題有り」となってしまうんですよね。
 「万引きされる仕組みが悪い」という考え方をもった人も居ますからねぇ(実話)。

 例えば引越の時に、CDの中身だけでケースが無いというものが約150枚出土しました。
 これはどういうことかといいますと、約150本のダミーケースが盗まれた。ということなんです。
 ダミーケースだけ持っていってどうするんだかはわかりませんが、盗んでいった人には得は無くても、ディスクだけでは商品として成立しなくなるので、お店だけマイナス。なんだかとても不条理です。
 1983ステージ1と前の店の何年間かで150件という数字が出てきました。


 悩む所でもあったんですが、2階にも防犯カメラを設置させて頂くことになりました。
 2階の「1983ゲーム図書館」には数千冊単位で蔵書をご用意して無料開放、しかもフリードリンク付き、なんてことになっていますが、それはあくまで1983の中でご自由にお読み下さいという性質の物で、店外持ち出しはあってはならないことです。 
 自由な空間に監視カメラというのもイヤな話しですが、ここは1%の不心得者のために99%のナイスレゲニストにご了解を頂くしか、という心境です。
 あ、でも監視カメラを設置するメリットもあるんですよ。
 「洞窟居酒屋風滞在型ゲームショップ1983」の将来の目標として、フリードリンクだけでなく、例えば1983オリジナルのお菓子を販売したりなんてことを考えていまして、ほら、コンパイルがぷよまん売ってたじゃないですか、
 ・・・、例えが悪かったですね。
 ほら、データイーストが神宮寺の販促で神宮寺コーヒー出していたじゃないですか、
 ・・・、例えが悪かったですね。

 コホン。
 フリードリンクの他にプラスアルファのサービスを将来的には用意したいと考えているのですが、そういう時に監視カメラに向かって合図して頂いたり、例えばホワイトボードを用意して「勝訴」と書いて監視カメラの前に立って頂くことで、1階の厨房に裁判の結果が伝わるといったサービスができるかもしれません。
 素直にインターフォン設置しろよって感じですけどね。

 というか、今もう朝6時なんで寝ます。今日も朝から引越作業なんで。
 

|

« 激引越1983、録画中継 | トップページ | 告知の予告のそのまた予告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 激引越1983、録画中継 | トップページ | 告知の予告のそのまた予告 »