« 本体交換サービス終了と電気用品安全法(PSE法)について | トップページ | いつまで引越は続くのだろう »

2007年9月 7日 (金曜日)

激引越1983、録画中継

 本日が旧店舗から、北35条にある「新店舗 通称ゲームショップ1983ステージ2」への荷物の引っ越し日でした。あの小さい店ながらダンボール140箱にのぼる民族大移動でした。ただ今しっかりと筋肉痛です。
20070907_st2_a元「洞窟居酒屋」の物件にあえてゲームショップとして入居しているのでゲームショップなのに「小上がり」があるわけなんですが、現状こんな感じ。
 小上がりはじゅうたん敷きの部屋にレトロゲーム満載!というコンセプトでお届け予定ですが、レトロゲーム関連のダンボールだけでこんなです。
 実際には2階の1部屋を倉庫にしますので、まぁ快適にレトロゲームを物色して頂ける部屋にします。
 明日から。

20070907_st2_bゲームショップ1983ステージ2の新兵器「1983ゲーム図書館」の部屋の今日の様子です。
 本棚をたくさん用意しましたので、かなりの冊数のゲーム関連本をご用意できそうです。そして、ゲーム関連の書籍、雑誌、漫画だけでなく、ゲームの攻略本についてもこの「1983ゲーム図書館」にて閲覧できるようすることにいたしました。
 まだまだたくさん本を置く場所はありますので、ご不要のゲーム関連の本などございましたらご連絡頂ければと。
 そうそう、「1983ゲーム図書館」にもフリードリンク用のウォータークーラーが届きました。
 テーマは「滞在型ゲームショップ」です。

20070907_st2_c
2階には3部屋あるのですが、そのうち1室が「1983ゲーム図書館」ですが、もう1室を「アジアグッズ&MSXの部屋」として公開予定です(もう1室は倉庫なので非公開)。
 常設1チップMSXの試遊スペースの他、通称”1983の中の人”が収集していたアジア系のゲーム関連品を大量展示予定です(展示のみで販売はしません)。

20070907_st2_d1983の新兵器「フリードリンク&フリーアーケード筐体」です。
 冷たいジュースとお茶が常時飲み放題(冬場は暖かいお茶も提供できます)で、毎月基盤の中身が入れ替わるアーケード筐体も今までどおりご用意しています。
 まだ秘密ですが、アーケード筐体、お店の作り的にとんでもない場所に配置いたしました。

20070907_st2_e「厨房」です。
 そもそもが洞窟居酒屋なのでしっかりとした厨房があるのですが、あえて内装工事を一切しないでゲーム屋にアレンジしています。
 厨房は店員スペース、在庫スペースということで荷物を運びこんでみたらこんなんなってしまいました。居、居場所ねぇ。
 13日の開店まで急ピッチで開業へ向けての作業進めます。
 明日から。

20070907_st2_f予算がありません。
そもそものコンセプトが、「低予算」で「超個性的」な「洞窟居酒屋風滞在型ゲームショップ」に「手作り感覚」で挑戦する。です。
 移転そうそう看板のセールスさんがいらっしゃったのですが、「すみませんが予算がありませんので」と正直に言いました。
 そんなわけで、1983ステージ1の看板も設置工事できずにこんな感じでたてかけてあったり。
 どーすんのよ、これ。
 明日考えます。

20070907_st2_g_2ゲームショップ1983おなじみとなった「昔なつかし学校の机と椅子」ですが、1983ステージ2でも活躍予定です。
 さらに新兵器として「仮眠用ベッド」も加わります。

20070907_st2_h1階と2階を足した面積では旧店舗の1983ステージ1の面積を上回っているのですが、そもそもが固定費削減のためテナント料の安いところへ引っ越しをするというのがこの移転の一番の重要点ですので、1階あたりの売り場面積は縮小しています。
 1983ステージ1に実際にお越しのかたには「1平方メートルのセガ魂」で浸透している1983式圧縮陳列を、さらに多用いたします。

 そんなわけで洞窟居酒屋風滞在型ゲームショップとして新たにスタートする「ゲームショップ1983」、9月13日の開店に向けて、スタッフ一同筋肉痛に悩まされながら日々作業しています。
 作業の進展がありましたら、ブログでお伝えいたします。

 あ、それから、ただ今店内がこーんな状況ですので、このブログのリューアルは遅れます。

→ 1983閉店問題

|

« 本体交換サービス終了と電気用品安全法(PSE法)について | トップページ | いつまで引越は続くのだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本体交換サービス終了と電気用品安全法(PSE法)について | トップページ | いつまで引越は続くのだろう »